イタリアの人間魚雷
 第2次世界大戦中日本には人間魚雷という特攻用の
武器があったが、イタリアのも同じようなものがあって
名前もまさに人間魚雷。魚雷に人間が乗って敵艦に
体当りするのだからアラブの自爆テロみたいに
まづ100%は死んでしまうのだが、本人はどんな
気持ちだったのだろうか。
 イタリアの人間魚雷はシチリアのタオルミーナの
植物園の中に一艇置いてある。あんな悲惨な武器が 
なぜ「この世の天国」と言われる位眺望の素晴らしい
町の平和な植物園で雨風にさらされたままになって
いるのかわからない。
 気にする人なんか誰もいないが、タオルミーナに
行く機会があったら是非見て欲しい。
 イタリアにはこの他に「命知らず」と言ったような
名前の高速魚雷艇があって、戦争中そんなのに
周りをブンブン走り回られて、敵国の軍艦はノイローゼ
みたいになってしまったそうだ。  
[PR]
by pincopallino2 | 2010-09-19 01:37
<< ローマのUFO イタリア国営放送のコール サイン >>