エピファニア
 1月6日はローマン カトリックでいう公現祭。
12月24日の真夜中に生まれたキリストが初めて
東方からたづねて来た3博士だか、金持ちだかに
あった日なのだそうだ。生まれた途端に彼らに会ったという
説よりこの方が信じられる。当時のユダヤ社会では
男の子を生まれ次第に殺してしまう習慣がしてあったらしい。
だから右も左もわからない初めての土地で男の新生児を探しあぐねた結果
総督のピラトの所に行って情報を聞き、やっとのことでキリストを
探し当てたという方がつじつまがあうようだ。
 昔のイタリアではこの日、良い子供たちはご褒美をもらい、
勉強をしなかったり、悪いことばかりをしていた子は石炭ガラをもらう。
だからこの日が近づくと菓子屋にはコークス そっくりのお菓子がならぶ。
いずれにせよ昔子供達がプレゼントをもらうのはこの日(1月5日の
真夜中)で、クリスマスは大人達の贈答の日。
なおこの夜子供たちに贈り物を配るのはヴェファーナという魔法使いの
お祖母さんで竹ぼうきに乗ってやってくる。
[PR]
by pincopallino2 | 2017-01-06 20:17 | Comments(0)
<< 地震 クリスマス >>