ドイツの娼館
 ドイツの娼館はどういうわけだか中央駅の周りに多かった。5階、6階以上の
ビル全部を独占して、エロス パレスとか言った赤かピンクのネオンが点いていた。
部屋の一つ一つに女性がいて、客がつくとドアを閉める。低層階にはアフリカ系や
東南アジア系の女性が多く、上層階に行くに従って白人が占め、値段も高くなる。
何だか人種差別をしているようだった。
 ドイツに売春が残っているのは意外だったが、戦後はアメリカをはじめとして
占領軍の将兵が多く、その後東西に分かれていた頃の西ドイツは経済復興が
めざましくて労働力が足りなくなり、最初はイタリア人を移入した。
すぐ近くの国だし、イタリア人は遊び好きだから払った給料をそのままドイツ国内で
使ってくれるだろうとの思惑だったそうだが、案に相違して彼らはせっせとイタリアの
家族たちに送金する。挙句の果てにイタリアの景気が良くなって、「祖国は君達を
待っている」なんていうイタリア語の広告が新聞一面大にでたりしたものだかsら、
皆帰ってしまった。困った西独は韓国に声をかける。たしか1960年代の西独には
韓国人が多かった。その後はトルコ人と労働力を外国に頼っていたが、
戦後の占領軍以後も外国人労働者が多いので、良家の子女が彼らに襲われては
との懸念から売春を認めているんだと聞いたことがある。
 娼婦の多くは白人を含めて外国人だった。ドイツは売春婦も移入して
いたのだろうか。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-10-14 11:51
<< 西ドイツのセックス産業 イタリアの娼家 >>