2011年 03月 08日 ( 1 )
僕とイタリア 42   レストラン その5
 ローマの初代皇帝アウグストゥスの廟で有名な広場にアルフレッドと言う店がある。
独特な味のフェットゥチーネで、第二次世界大戦の頃はローマ有数のレストランと
言われ、国家元首を始めとして各国の皇族、貴族達、それにハリウッドの俳優達が
食べに行った。
 もともとこのレストラン、スクロファ通り(Via Scrofa)という所にあって、今から
4代前の当主が作ったフェットゥチーネが評判となって大繁盛。そのうち
親子喧嘩が始まって息子は家を飛び出してアウグスト皇帝広場(Piazza
Augusto Imperatore)に新店を構え、以来親子で元祖争いをやっていたが、
寄る年波に勝てなくなった親爺の方が折れて息子と和解し、スクロファの店から
息子の方に移った。フェトゥチーネもうまいが、親爺が客の前で金のスプーンと
フォークで和えるのも見ものだった。ただし今の当主はたしか4代目だが、
若くして中気になってしまったのでスプーンやフォークは握れない。代わりにパスタを
持って客と写真を撮る位だ。
 アルフレッドは一時ニューヨーク、そのあとはフロリダのディズニイ ワールドに
支店を出したが、本店の味とは全く違っていた。日本の一流ホテルで
アルフレッド風と銘うって出していたフェットゥチーネも似て非なるものだった。
 機会があったらアウグストゥス広場のと今でもアルフレッドの名前で営業している
店の元祖フェットゥチーネを食べ比べてみるとよい。こっちには盛業の頃の
顧客名簿が残っている。
[PR]
by pincopallino2 | 2011-03-08 11:15