2011年 03月 11日 ( 1 )
僕とイタリア 45 レストラン その8
 ローマのトラステヴェレに音楽付きの面白いレストランがあった。
今でもある筈。汚い小屋みたいな店で、昼間見ると埃だらけ、ごみだらけだが、
夜になると一応は綺麗に掃除されている。木の椅子もテーブルも傷だらけ。
食事はともかく音楽が面白い。何人かの男が組になって古いローマのざれ歌を
歌ったり踊ったりしながら客席の間を練り歩く。夏になるとおもてでも
食べられるが道路の敷石ががたがただからテーブルもがたがたいったり
斜めになったりしている。その道を馬に乗って交通整理までするから
店の中も外もメチャメチャ。そのうちに仕事着みたいのを着てどうしても
そうと思えない男が歌いだすが、その声の素晴らしいこと。聞きほれていると
突然向いのぼろ家の2階の窓があいてでぶでぶのおばさんが歌いだし、
最後は上と下で甘い恋の歌のドウエットになる。そんなローマの下町の夏の
情緒を味わいたくて良く通ったものだ。
[PR]
by pincopallino2 | 2011-03-11 00:41