2011年 03月 15日 ( 1 )
東北大地震
  未曾有に近い大地震で津浪の襲来も予想外に早かったとのことであるが、
惨状は日を追って判明し、目と耳を覆いたくなるばかりだ。
  被害地から遠く離れた所にいてテレヴィやラディオの情報ばかりだから
正確なことは分からないが、家屋も地震の時にはさほど壊れていなかったし、
人間もかなりの数が無事だった。津浪でいっぺんに破壊され、持ち去られた
ようだ。
  津浪の恐ろしさについては子供の頃から聞かされていたが、実感が
伴なわなかった。ラフカディオ ハーンの「いなむらの火」を読んでも
人命を助けたことの方が主で波の恐ろしさはよくわからない。
  三陸海岸は過去にも何回か大津浪に見舞われた所だから今後の為にも
今回の惨状をヴィデオに残してその恐ろしさを子供達ににしっかりと教える
べきだ。
  それにしても、日本は地震や津波に関しては世界でも一、二だというのに
なんとみっともないことか。結局大自然の前には手も足も出なかったでは
ないか。
  原子炉も次から次へと壊れていく。
こうなると最早天災というより人災だろう。東京電力は災害地の東北電力へ
電気を送るためだといって何がなんだかよく分からない停電を公共交通機関も
巻き込んで地区ごとに繰り返し、それも殆ど突然だから二次災害を起こして
いる。被災地の人々に協力するのはやぶさかではないが、こんなお粗末さでは
こっちも被災者なみだ。無計画きわまりない。突然のことだからというが、
その突然の措置について普段から準備していなかったのか。社長はじめ
東電の幹部達は責任をとるべきだ。こんなことを放置した政府も総辞職すべきだ。
野党の時には嫁いびりをする小姑みたいに自民党の揚げ足とりばかりやって
いたのに政権をとると金の問題を起こしたり、失言したりで
世界的にもみっともない。火山の研究費も削ってしまった馬鹿がいるそうだ。
[PR]
by pincopallino2 | 2011-03-15 10:24