<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
イタリアの野良猫
 あるイタリアのスーパー。
野良猫達に餌を恵んでくださいと書いた箱が入り口に置いてあって、
中には缶詰めだの固形の餌が入っている。缶を一つ買って入れて
くれたら店の売り上げにもなるだろうが、野良犬用のもある。
おばあさんが野良猫たちに餌をやっている姿は昔からイタリア中で
よく見られる光景だがスーパーあたりでも始めたこの傾向、最近の
イタリアでは増えだしたような気がする。罪もない白鳥や黒鳥を
殴り殺す奴がいる日本人とは大違いで、恥ずかしい思いがする。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-30 18:16
交通違反
 脚が痛くて歩けない位だった上、仕事に忙殺されて心ならずも暫く休んでしまった。

 ところで、イタリアで運転免許を取って始めての交通違反。
ローマからティレニア海に沿って北に伸びる国道一号線、ヴィァ アウレリアを
走っている時、とてつもない広い交差点で、二重追い越しをやったら運悪く
オートバイに乗った警官に捕まってしまった。あんまり広いので交差点とは
思わなかったなどと言い訳にもならないようなことを言ったら警官、二ヤニヤして
免許証を見せろという。見せたら「お前は違反を二つしている」とのこと。
イタリアの免許は10年間更新しなくても良いのだが、毎年税金を払ってその証紙、
収入印紙みたいなものを免許証に貼ってなければいけないのだと教えてくれた。
自動車学校の学科の講習なんて一度も行ったことがないからそんなこと
全然知らなかったが、結局二重追い越しは勘弁してくれて、免許証の分だけ
罰金を払わされた。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-26 16:14
自動車泥棒 2
 前にも書いたことがあると思うが、
ローマに居た日本人がナポリまで自動車で出かけた。
一泊して車を見たらドアが一つなくなっている。
その辺をいくら探しても見つからないので、あきらめて
ドアのない車を運転して戻る途中、道端で盗まれたドアを
売っていたので、買って帰ってきたそうだ。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-21 17:33
自動車泥棒 1
 イタリアでは自分の家でも駐車場がないから路上駐車をしている人が結構多い。
そんな車をねらって夜、自動車泥棒が出没する。
 僕の友人が夜停めておいた車を盗まれた。警察に届けると「ナアニ、すぐ
出てくるさ、時々聞きに来な」とノンビリしたもの。見ると盗難車リストに載っている
車の多いこと。ローマだけでこんなに盗まれるのかと呆れる位だった。
 警察には毎日訊きに行ったが、車はおまわりの言うように簡単には出てこない。
いいかげんあきらめた頃のある朝、車が見つかったという噂がどこからともなく
入った。急いで警察に行くと「まだ見つからない」と言う。念の為盗難車リストを
調べてもらうと「ア、無い」と叫んだ。無いというのは盗難車リストにない。
つまり、見つかったということだ。早速車のある場所を聞いてもらって行くと、
車内は食べ物の残骸などで゙メチャメチャに散らかっているが、不思議なことに
ガソリンが盗まれた時より多く入っていて、そのうえ磨り減っていたタイヤが新品に
なっている。多分女の子と遊ぶ為に車を盗んだが、タイヤが丸坊主じゃ危ないので、
新品のタイヤを盗んで取り替えたんだろうということになったが、七面倒くさい
手続きなんか抜きで所轄の警察は簡単に車を渡してくれた。
 それにしても盗難届けを出した警察でも気がつかなかった情報を一体だれが
知って教えてくれたのか、いまだに分らない。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-19 20:41
ローマの駐車場  5
 広場や比較的広い通りには駐車場があるが、大抵変な男がウロウロしている。
ヨレヨレの私服で日本の学生帽みたいな帽子を被っていたりする。私設だか
自称だかしらないが、駐車場の係りで、車の出し入れの誘導をしたり、駐車券を
発行したりする。こいつがいい加減な奴で警官に顔が利くようなことを言うから
お巡わりが来た時は頼むよとチップを弾んで安心していると、駐車違反の紙を
貼られたりしている。文句を言うと、丁度食事に行っていたので、お巡りが来たのを
知らなかったなどと平気で嘘をつく。見ていたら警官が来るとどこかへ逃げて行って
しまう奴もいた。
時々そんな男が居ない時に停めることが出来て〆たと思っていると、帰りがけには
チャンとがんばっていて、チップをねだったりする。そんな奴らに一文でも払いたく
ないから、遠くの方でそっぽを向いているのを見計り、ソッと車に近づいてドアを
開け、エンジンをかけると同時に走り出すと、敵もさる者、必死になって追っかけてくる。
それを振り切って逃げ出せた時の気持ちの良さは忘れられない。
でも相手はプロだから10回のうち2勝8敗か、よく言って3勝7敗位だった。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-18 16:32
ローマの駐車場  4
 時々違ったのがやってくるが、駐車場の取り締まりはいつも大体同じ
警官だったから、顔馴染みになって見逃してくれることもあった。
 1月6日は主顕節といってキリスト教のお祭りの日。交通巡査が
4ツ角に台を持ち出して交通整理をやり、市民から贈り物をもらう日だが、
日本航空の一階の店のカウンターに坐っていたら、顔なじみの警官が
やってきて一人一人に挨拶して出て行ってしまった。後でイタリア人の
職員が今日はおまわりさんに何かプレゼントをしたりチップをやる日だと
教えてくれた。知っていたらこういう時に幾らか渡して、駐車違反をもっと
大目にみてもらうんだったのにと悔やんだが、あとの祭り。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-17 11:51
ローマの駐車場 3
 暫くして女性の駐車取締り官が誕生した。ローマの女性警官の制服は
帽子から靴まで超一流のブランドものだったから、さぞや格好が良いだろうと
楽しみにしていたら、駐車係りのほうは着ている服の方がガックリして
皺くちゃになっちゃうようなのばかり。しかも意地が悪いのか、規則に忠実なのか、
一寸ばかりの違反でもガンとして赦してくれない。
 そこへ行くと男性の方が融通が利く。レッカー移動が導入された頃、
二重駐車してあった車を持って運び出そうとした途端、前の店から
「キャー待って、その車私のよ」と叫んで奇麗な若奥さんが飛び出してきた。
早速お巡りさんを捕まえてちょっと買い物に寄っただけよといった調子で
口説いたら、そのまま罰金も取らないで放免。気の毒だったのはレッカー車の
若者達で、折角準備完了していた車を又放して返してやっていたが、
皆ニコニコしていたのは、持ち主が超美人だったせいかもしれない。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-16 17:32
ローマの駐車場 2
 とにかくイタリア中駐車場が少なかった。ローマでも同じことで
2重駐車、3重駐車はザラ。駐車違反を取り締まる警官が専門に居て
違反の用紙を貼っていく。その場で払えばたしか千リラ位で済んだが
そのままにしておくと1ヶ月以内に自宅に罰金の紙が送られてきて、
額が1万リラだかに跳ね上がる。但し1ヶ月以上経ったら、罰金の紙が
送られてきても払わないでよかった。
 僕もそのままにしておいたら郵送されてきたが、1ヶ月と1日目だったので
早速警察に電話。もう1日過ぎてるよと言ったら、ジャーその紙破いて
捨ててしまえと言われたのには驚いた。
 帰国命令が出てからは違反のしっ放しで、10枚以上たまった罰金の紙を
思い出に持って帰ってきた。
 レンタカーでスイスから来た人の車にも駐車違反の紙が貼られていたが、
普通のと一寸違う。読んだら「イタリアへようこそ。この町の素晴らしさを
充分にお楽しみください。ところであなたが車を停められている場所は
駐車違反の区域ですので、出来るだけ速やかに移動してください。
それでは良いご滞在を」と書いてあった。
 でも最近は旅行者がイタリアで違反すると、違反した者の国にあるイタリア
領事館を通して罰金の請求が来るようになった。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-15 18:38
ローマの駐車場 1
 仕事が忙しくて暫くの間ブログを書く暇もなかった。
今でこそ地下の公共駐車場なんかが出来たが、僕が住んでいた頃のローマには
そんなものなかったから、2重駐車、3重駐車なんてざらだった。
両側に3重駐車なんかされると広い道でも車が通れないほどになる。
路上駐駐の時は駐車票といったようなものがあって、各自が持っていた。
確か駐車時間が1時間半だか2時間だかに制限されていて、票のメモリに
駐車した時刻を合わせてフロント硝子からよく見える所に置いておくと、
制限時刻も自動的に分るようになっていた。
道にも基数日は左側、偶数日は右側とか、午前中は右、午後は左に停めてもよいと
いった変な駐車制限があった。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-12 13:15
訂正
 2,3日前、イタリア産マスカルポーネからダイオキシン検出と書いたら
モッツァレッラの間違いだろうとご指摘を受けました。
 まさにそのとおりで、お詫びします。
人間、老いてくると呆けて何をいいだすか分りません。
違ったことを書いたら遠慮なくおっしゃってください。
[PR]
by pincopallino2 | 2008-04-02 19:06