<   2009年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
日本人逃避行  3.
 一行中の2名の不慮の死、5歳の男児の病死に加えて、米軍のローマ占領、
連合軍のノルマンディ上陸などドイツ軍にとって不利な戦況が伝えられてきたので、
メラーノへの移動の話しは立ち消えになってしまったが、
1944年の10月、住んでいるヴォフィングのシーメンス保養所がドイツ軍の
病院として接収されることになり、立ち退きを要求される。
在独日本大使館の斡旋で急遽ドレスデンの東南約30キロ、エルベ河畔の
ケーニッヒシュタインに移動することになった。数少なくなった男性が多くの
婦人、子供達を引率して言葉もわからない戦争中の外国での長い距離の移動には
大変な苦労があったと思われる。(どのような経路をとったか不明であるが敗色濃い
戦時下であったので回り道をし、700キロ近い道程であったのではなかろうか)。
 移動先のケーニッヒシュタインではメラーノに居た民間邦人の大部分(数名は引き続き
海軍武官室嘱託としてメラーノに残留)35名が合流して二つのホテルに分宿することに
なった。
 ケーニッヒシュタインはエルベj川の左岸にあり、背後は急峻な山なので日照時間が
少ない上、たまたま冬の為、イタリア育ちの子供達は零下10度以下にもなる寒さに
耐えられず、食糧難も益々厳しくなり、空襲も増えてきたのに防空壕もないので、
少しでも安全な場所に移りたいとの要望が強まった。
 この間、コルティーナ ダンペッツオにあった陸軍武官室は北イタリアも安全とはいえなく
なってきたので、ベルリン又は更に北に逃げようとしたが、当時日本と不可侵条約を結んで
いたロシア軍の進撃経路に近い所が良いだろうとのことで(陸軍は最後迄ロシアを信用して
いたらしい。随分甘い判断だ)ポーランド領のヴロツラフに避難をすることにし、先行の
2名の者がそれぞれ車2台に荷物を満載して出発したが、途中ドイツとチェコの国境地帯の
山道で一台が零下十何度の寒さに凍結した道でスリップして崖を約10メートル下迄
転落した。幸い車は低速なら走れたので進路を変更し、邦人避難先のケーニッヒシュタインに
辿りついたが、転落車を運転していた渡辺氏は鞭打ち症になってしばらく静養しなければ
ならないといったハプニングも起きた。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-30 13:59 | Comments(0)
日本人逃避行  2.
 1943年の冬を過ごした疎開先ヴォフィングのシーメンス保養所は人里離れた
山麓に孤立していて所長の婦人と男子職員一名、それにドイツ占領下の
ウクライナから連れてこられた賄婦がいるだけ。食糧は現地人と同じに配給されたが、
乏しかったので酷寒の中10キロばかり離れた町までトラックで買出しに行かねば
ならなかった。
 一方ドイツ軍が進駐してきていた北イタリアは当時戦場にはなっておらず、
食糧事情もドイツやオーストリアより良かったので、皆、まだ日本人が多く住んでいる
イタリアのメラーノに移りたがった。ドイツ語がわからなかったのも苦痛であったらしい。
 そんな一同の要望をたづさえて1944年の6月、三菱商事の牧瀬氏、大倉商事の
朝香氏の2名がヴェネツィアの日本大使館との打ち合わせ、メラーノの現地下見に
出かけたが、途中で消息がわからなくなってしまった。丁度光延海軍武官が
パルティザンに射殺されたという情報も伝わってきていた頃なので、八方手を尽くし、
ドイツ軍にも捜索を依頼して一同心配していたところ、6ヶ月たった12月22日になって
ドイツ軍から日本人と思われる遺体がドロミティの雪の下から発見されたとの通報が
寄せられた。早速メラーノから岩崎氏(三井物産の社員と思われる。一行がヴォフィングに
向けて出発した時はまだローマに残っていて、その後メラーノに移動した模様)と
大倉商事の犬丸氏が大使館員2名とともに現場に急行して遺体の確認をおこない、
ドイツ兵によって火葬にしてもらった。遺体発見の糸口はドイツ軍が捕らえた
パルティザンの自供で、それによると二人はドロミティ山中の小さな村に数日間
監禁された後に射殺され、遺体はそのまま雪中に放置されたとのこと。
(原文では二人の発見地がドロミティ山中であったりアペニン山中となったりしているが、
ウィーン近くから来てヴェネツィア、メラーノに行くとすれば、ドロミティの方が正しいと
思われる。アペニンはイタリア半島を南北に縦断している山脈。ドロミティはアルプスの
一部の山塊でヴェネツィア、メラーノの間。この頃はパルティザンが出没するので、
幹線道路以外は危険といわれていた)。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-29 12:38 | Comments(2)
日本人逃避行  1.
かねてから知りたいと思っていた、第二次世界大戦の末期イタリアに在留していた
日本人の逃避行の記録が一部入手出来たので披露する。
 原文はパソコンかワープロで打ってあり、作者はローマに駐在していた商社マンであるが、
内地に居た者に勝るとも劣らない艱難辛苦と一寸先は闇の気疲れ、絶望感の中で筆記道具も取り上げられてなかったろうによくここまで記憶されていたものだと感嘆するほかない。
 とはいえ、記憶違いの点があるうえ、肝心のことが抜けていると思われる箇所もあるので、
4万5千字以上にのぼるる文章の中から自分なりに省略したものを紹介する。
 彼等が駐イタリア日本大使館から即刻避難せよとの要請を受けたのは1943年の7月頃の
ようだ。行く先は駐独日本大使館が手配しておいてくれたオーストリアのウィーン南方
約30キロの寒村ヴォヒングにあるドイツの電機会社シーメンスの保養所。何しろ急なことだったので、ローマでの貸家の明け渡し業務をはじめ、物資の乏しい戦時下での携行品の買い集め、荷造りなどに大童の日を過ごし、個人又は家族ごとに三々五々ヴォヒングに向かったが、
その途中で、ムッソリーニが首相を罷免され、連合軍がイタリアに上陸したとのニュースを聞く。
 1943年9月9日、ローマの日本大使館はヴェネツィアに、大使館付陸軍武官室は
北イタリアのコルティーナ ダンペッツオに、海軍武官室は北イタリアの南チロルにある
メラーノに移転した。
[PR]
by PINCOPALLINO2 | 2009-01-28 15:29 | Comments(0)
イタリアのパルチザンに殺された日本人
 東京イタリア友の会のI氏が第二次世界大戦末期の在伊日本人の動向を
記録として書いた貴重な文書を持ってきてくれた。今日はその中からイタリア、
アペニン山脈の山中でパルチザンに殺された光延(みつのぶ)東洋駐イタリア
日本大使館付海軍武官のことを書く。
 イタリアの敗色濃い1944年6月8日、当時連合軍が進出してきた為ローマに
いられなくなって北イタリアのメラーノに移動していた光延武官は山仲補佐官を
伴って自動車で、フィレンツェに移っていたドイツの海軍司令部に行った帰り、
アペニン山脈中のアベトーネ付近でパルチザンに狙撃され、殆ど即死の状態
だったようだ。一説によれば光延武官はアメリカが原始爆弾を作り、それを
同じ交戦国のドイツにではなく、日本に落とす予定との機密情報をドイツ軍から
もらって入れておいた鞄を渡すまいとした為に銃撃されたのだともいう。
なお山仲補佐官は九死に一生を得ている。
 同じころ、民間の日本人2名もパルチザンに殺されているが、そのことは
他の日本人の逃避行の中で書きたいと思う。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-27 12:18 | Comments(0)
人間同紙の触れ合い
最近は機械ばかりが発達して人と人との触れ合いが少なくなった。
鉄道の駅だって機械が自動的に切符を発行して、改札も機械でと 
味気ないことおびただしい。
 鎌倉に住んでいた友人の父親は鎌倉駅の出札係りの応対に腹を立てて
持っていたステッキを出札窓口の狭い穴に突っ込んでひっかきまわしたが、
おかげで彼らと仲良くなり、彼が死んだ時には告別式に駅員達が参列して
別れを惜しんだそうだ。
 僕も人間同志の触れ合いがほしくて定期券はスイカでない普通のものを買い、
わざわざ駅員に見せて乗り降りしている。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-26 17:30 | Comments(0)
ヌオーロの博物館
 サルデーニャ島の北部の町ヌオーロはノーベル文学賞を貰った
女流作家グラーツィア デレッダの故郷としても有名だが
此処にある民俗博物館には秋田のなまはげそっくりの人形が
展示してある。お祭りの時はなまはげと同じように家々をたづね
歩くらしい。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-23 14:13 | Comments(0)
トルメッツォの民族工芸博物館
 イタリア半島東北端のフリウリ・ヴェネツィア ジュリア州。
ウディネの北、アルプスの麓近くにあるトルメッツォという町の
伝統・工芸博物館はこの辺り、カルニア地方の人たちの
昔からの生活を再現したり、織物その他伝統工芸品を展示
してあったりして結構面白い。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-22 11:42 | Comments(0)
オバマ
 今日はオバマ氏のアメリカ大統領就任式だそうだ。
日本の新聞はどれを見てもそのことばかり。ラディオも
テレヴィも同じで、まるで日本の大統領みたいだ。
 他の国でもこんなお祭り騒ぎをしているのだろうか。
これからの対日政策だってどういう風になるのか
わからないのに、マスコミのもう少し慎重な報道を
切望する。


 何故
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-21 13:46 | Comments(0)
アルプスの中の農民博物館
 北イタリア、ブレンネル峠まで40キロのブレッサノーネからコルティーナ
ダンペッツォに行く道の途中にブルニコという町がある。1918年まで
オーストリア領だったので、イタリアに編入された時、住民の3分の2位が
アルプスを越えてオーストリア領内に移り住んだのだそうだ。残っている
人たちもドイツ語を話し、顔形もごつい。
 此処に民族博物館があって、昔からの農民、山男たちの生活が如実に
わかるようになっている。普通の博物館と違って小屋の中に農具などが
使われていた時と同じように展示されているので結構面白い。
 最初に行った時は周りでお祭りをやっていて、ソーセイジなど無料で
振舞ってくれたが、二回目に行ったら、博物館自体かなり整備されていて、
天気の良い日などはピクニックも楽しめるようになっていた。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-20 17:57 | Comments(0)
イタリアでのドドンパ
 ドドンパという曲は日本から出たそうだが、
1961年頃のイタリアではケスラー姉妹という
ドイツ人の双子が歌うドドンパが流行していた。
二人とも背が高く、素晴らしいプロポーションで
結構美人だったから、そのせいだったからかもしれない。
曲の名前はちょっと訛って「ダ ダ ウンパ」。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-01-17 18:28 | Comments(0)