<   2009年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
日本人逃避行 39    戦時下のアメリカ
 8月12日、ニューヨークに到着。エリス島に上陸して有名な移民収容所に収容される
ことになったが、その前に例によって一人づつ厳重な身体検査と所持品検査を受けた。
我々は避難旅行に出発する前から手荷物を少なくする為、衣類は出来るだけ身に
着けていたので、冬のオーヴァーや毛皮のコートを着込んで上陸して、収容所の
入り口で立ちんぼのまま検査待ちをさせられた。ニューヨークの蒸し暑い真夏の夜の
中を船旅で疲れた婦女子を含め、数時間立ったまま待たされた苦痛は脳貧血寸前の
辛さで、交戦中の敵国の捕虜であることを思い知らされた。
 翌日エリス島からニューヨーク市内に出て、鉄道でピッツバーグ西方約200キロの
ベッドフォードに移送された。一行のうちのW氏は夫人が前夜収容所の検査を受けた
際ハンドバッグに入れていたW氏の分も含めたスイスフラン全部を係官に取られ、
返してくれなかったので、ピッツバーグに向かう車中で同乗の駐独大使館の参事官に
その旨を話し、同氏から引率の米外務省役人に抗議してもらったが、なんの反応も
なく、W氏は無一文になってしまった。幸い駐イタリア陸軍武官だった人から若干の
ドル貨を融通してもらったので、ベッドフォード滞在中の日用品購入には事足りた。
 ベッドフォードに向かう列車から始めて眺める戦時下の敵国はドイツと全く異なって
ヨーロッパでは殆ど見受けなかった色とりどりの大型乗用車が高速道路を走って
おり、木炭ガスに改造された車などは1台も見受けられず、軍のトラック、軍服の
兵士の姿も無くて戦時色は皆無に近く、ヨーロッパでドイツを破り、太平洋では
日本と激戦中なのに、余裕綽々と言える状況には少なからず心憎い感であった。
(日本人逃避行は間もなく終わるが、ここでも駐在武官達は別としても、日本の
民間人に対するアメリカの取り扱いは随分ひどかったようだ。戦時下のアメリカ
市民の生活を実際に見た体験も書かれているが、孤立無援の日本、極論すれば
イタリアだけが味方のドイツに比べて、英国、カナダ、オーストリア、ソヴィエト等が
味方のアメリカの方が余裕があったのは当たり前。それにしても開戦時、日本は
勝てると思ったのだろうか。当時僕は中学2年生だったが、朝アメリカとの戦争が
始まったとのニュースを聞いて暗然たる気持ちで学校へ行ったのをよく覚えている)
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-31 12:06
日本人逃避行 38
 7月末、宿舎の古城を出て北仏ル アーブルに行き、そこの港から米軍の
輸送船に改造された商船サンタ ローザ号に乗船した。港の内外には撃沈され、
かく座している多数の船が散在し、戦後の機雷の掃海もまだまだという状況らしく、
乗船と同時に終始救命具を装着しているよう命じられ、万一の場合の救難方法に
ついても厳重な注意事項を聞かされたが、夜半イギリス海峡から大西洋上に出て
危険は去った。日中始めて船室を出ることを許され、甲板上のロープで囲われた
一郭に我々が集まった時、船室外の甲板の至るところにひしめいて屯していた
米兵の群れが突然立ち上がって”ジャップ” ”ジャップ”と叫び、なにやら罵声を
浴びせて一同騒然となった。上官が押しとどめて怒号は収まったものの、これら
米兵はヨーロッパの終戦によって本国に凱旋しても、大部分は激戦中の対日戦場に
再び転戦することを覚悟している様子で、折角好意的に甲板に出され、日光浴を
して、洋上の新鮮な空気を吸いたくても気が進まない状態であった。船は恐らく
定員の10倍以上の超満載で、寝室は二段ベッドがやっと通れる幅につめて並べ
られ、広い船内の食堂も食卓と椅子がギリギリに置かれ、食事は1日2回だけで、
食事時間は15分を厳守させられた。料理は多分同乗の米兵と同じだと思われたが、
食糧統制下のイタリア、ドイツで長年慣れた者には驚く程の豊富なご馳走であった。
皿に盛られた肉等を子供にサービスする為細かく切ってやらねばならず、更には
口に運んでやらねばならない親達は自分の皿のものをナイフで切る暇も無く、歯で
噛む時間も少なく、丸呑みして急いでもなお食べ残して立ち退きを命ぜられたことは、
残念ながらあさましい心残りであった。
 大西洋上を航行して1週間ほど経ったある日、甲板に出たらマイクが大きく
”atomic bomb dropped at Hiroshima"(原子爆弾広島に投下〕と繰り返す
放送があって、甲板上の米兵が一斉に大歓声をあげた(8月8日)。何事が起きた
のか近くにいたドイツに駐在していた陸軍技術将校に尋ねると「とうとうやったか」と
ガッカリした表情で、原子爆弾のことを話してくれた。続いてソ連の対日宣戦の
ニュースも放送され、又日本がスイスを通じて講和条約の交渉を内密に打診している
事も数日後に放送された。これらの放送があってからは、甲板上の兵士達も太平洋
戦争の終結が近くなり、このまま故郷に凱旋できるものと考えたのか、朗らかな
気分が米兵たちに見られるようになった。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-30 15:36
日本人逃避行  37  家族との再会
 移転した兵舎は刑務所内を見下ろすことができ、看守兵の銃を構えた監視からも解放された。
日光、風通しも普通の兵舎並で洗面、洗濯、日光浴、用便も自由になり、食事もドイツ兵捕虜と
同等のものと名って、健康上の不安も取り除かれ、スパイとして銃殺されることもないだろうとの
安心感も出て、ようやく生気を取り戻すことができた。しかしこの間にあっても別れ別れになった
家族の安否についてはついに何の連絡もなかった。 
 7月24日、入房後68日目にしてようやく陸軍刑務所を出た。入所の時乗せられた囚人輸送車
でなく、軍用の無蓋貨物自動車で、パリから西北かなりの僻地にあった古城風の邸宅(米軍に
接収されて宿舎に使われていたものと思われる〕に移された。刑務所を出る時、入所の際押収
された所持品も大半返され、連行の米将校も穏やかな扱いだった。到着後、引き続き日本人が
送られてくると知らされ、一体誰であろうかと色々想像していたところ、2,3日して数台の軍用
貨物自動車で、多数の日本人が到着し、その中にカームで別れ、入房中安否をきずかっていた
家族の婦人、子供たち23名全員が加わっていた。お互いが生存していたことを喜び合う中でも
特に夫とその妻及び子供たち家族が無事再会できた喜びは、夫々生涯忘れられぬ感激の一瞬
であった。もっとも婦女子の宿舎は別で、家族との会話はまだ許されなかった。古城に集結した
日本人はベルリンから南ドイツノバートガスタインに避難して米軍に捉えられた大島大使を始め
駐独大使館員達で商社員は殆ど居らず、イタリア駐在員も居なかった。後から連行されてきた
日本人の中には我々の獄中生活に深く同情してワイシャツや手提げ鞄などを分けてくれる人も
居た。ドイツに留学していたバイオリンの諏訪根自子さんも一緒だったので、宿舎の監督将校は
一夜彼女のコンサートを開いて一同を慰問してくれた。この寛容な態度は日米がまだ交戦中で
あっただけに、入牢中の米兵の仕打ちに比べて天地の差を感じた。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-28 13:38
日本人逃避行 36
 日が経過するうちにヨーロッパの戦争終結も浸透したためか、看守兵等の態度も
少しづつ緩和していくのが感じられて、夕食後下着類の洗濯時間を与えてくれるように
なった。但し狭い洗面所で、湯も無く、洗剤も不充分な上、干し場も無いので監房内の
寝床の上で陰干しするほか無く、着替えも少なく、惨めな生活にかわりはなかった。
唯、この洗濯時間を利用して手足を洗い、外気に触れる機会を得られたのがせめてもの
待遇改善だった。
 その後更に苦情申し立ての機会を得て、「民間人に対してこんなひどい待遇は
国際法違反だ」と抗議し、折りよく紙切れと鉛筆を入手したので、これに家族の安否の件、
待遇改善の件などを簡単にしたためて、営倉の隊長と思われるギルバート中佐に
巡視の際手渡すなど陳情、抗議を繰り返した結果、入房51日目の7月7日、ついに
営倉を出て外に立ち並ぶ兵舎の2階に移された。この兵舎にはドイツ兵捕虜(下士官と
下級将校〕も収容されていた。=ちなみに51日間を過した営倉は昭和19年3月26日号の
米雑誌ライフによると、米兵で上級者、同僚を殺傷した者、敵前逃亡した者、婦女に暴行
して殺傷した者、軍需品、ベンジン等の悪質な闇取引を行なった者等で、終身刑や
死刑に処せられる重罪犯人を収容する著名な監獄であった=。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-27 18:35
日本人逃避行  35
 調べが終わったら2,3日で帰れるだろうと告げて分かれた妻子達が、男性全員の
去ったあと、言葉の通じない異国内で敵軍に収容され、どんな待遇を受け、どうして
生活しているか。無事かどうか。2度と会えぬと思えばもっと妻や子供にすべきことが
あったのに等、死を前にした人達がお互いに寝床の中で語り合った。家族の消息を
教誨師や検閲の将校にたづねても最後まで何の応答も無く、夫として、また親としての
危惧、心痛を一層深めることとなった。
 以上のような悲惨且つ最悪の状態で約2週間過ぎた。この間衣類は着たままで、
シャツ、下着類も既に汚れて身体からは臭気が漂うようになり、衛生上、健康上の
問題が出てきたので、機会を捕らえて執拗に陳情したが、その都度乱暴で理解できない
米語で反論され、一切取り上げられなかった。ついに副衛生官のドニウレー少佐の
巡視の際にせめて洗濯と入浴を許してくれるよう願い出たとこ、ようやく聞き入れられて
シャツ、パンツ、靴下の着替えが給与され、週一回のシャワー浴が許された。
暫く経って、同じ監房の他の囚人は午前、午後の2回、食事場に出されて日光に当たる
機会を与えられているのに気づき、我々にも健康上認めるように申し出た。始めは
監視兵のて不足などを理由に拒否を続けていたが、やっと1ヵ月後になってはじめて
営倉の建物の外に連れ出された。鉄条網に囲われた間口7メートル、奥行き20メートル程の
郵便事務所横の庭隅であったが、毎日30分程度の日光浴や運動が許された。」
はじめのうちは、外の陽光がまぶしく、脚も弱って体力の衰えを痛切に感じたものだ。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-26 12:36
日本人逃避行  34
 入房して間もなく検閲、点検の際に教誨師(従軍牧師)と思われる将校が時々
同道して、我々に何か不満がないかとその都度質問した。日本の刑務所でも
死刑囚は刑の執行前に教誨師の教えを受けると聞いていただけに、捕虜の
扱いや監房の性格、周囲の状況から、もしかしたら看守兵の言ったように
銃殺刑に処せられるのではないかと、益々真剣におびえるようになり、日本が
今挙国一致で米国と激戦中であり、もし銃殺されるなら「日本帝国万歳」と叫んで
死のうと話し合った。もっとも我々一行のうち、別の経路から遅れて入所してきた
者から、在独日本大使館の大島大使以下陸海軍武官なども米軍に捕らえられたが、
誰一人として自害などする者もなく、平然とバートガスタイン(Badgastein)の
ホテルに収容されていると聞いて、民間人である我々が敵の捕虜になっても
つきつめた覚悟をする必要も無いだろうと、若干気持ちが安らいだ。しかし、
たとえ敵国の日本人とはいえ、男子だけを捕らえて重要犯罪人かスパイ同様、
或いはそれ以上に冷遇して、更に銃殺刑とまで威嚇されては、無実の罪で
死刑の宣告を受けて入牢して入り被告もかくやと思うような憤懣、無念を覚え、
その精神的重圧は肉体の苦痛をはるかに超えるものであった。教誨師には
「何故こんな処遇を受けるのか」とか「いつになったら出房できるのか」と質問し
細かい日常の処置についての要求を申し出たが、常に無回答であった。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-25 11:19
日本人逃避行  33  米看守兵のたかり
 入牢した頃、夜中に酒気を帯びた下士官がやってきて判りにくい米語で嫌がらせと脅しの
言葉を浴びせて就寝を妨げられることもあり、又他のある下士官は我々に向かって”お前達は
Prisoner of Warとして軍法会議にかかり、銃殺の判決を言い渡されて所持品は全部没収
されるだろうが、自分は近々日本に行くので、お前たちが遺族に手渡したい品物があるなら
自分が預かってやる”と親切ごなしに物品を強要された。一行は度々の没収で洗面道具以外の
所持品もないので誰一人応じなかったが、W氏はTosioという名前を読み違えられて東條
(Tojo)の親戚かと質問され、同氏が万が一ソ連に捕らえられて極寒の雪深いシベリア送りも
あることを慮って新調し、着用していたスキー靴に目を付け、せがまれて困却した。
 爪が伸びたので「爪切」を頼んだが、爪は噛み切れと返答され、煙草は入牢の際全部没収
されたので、他の米囚なみに支給を願ったが、入牢中一本も与えられず、喫煙者には厳しい
処罰であった。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-24 13:15
日本人逃避行   32
 隣接の監房に入牢している囚人が中庭で食事する様子を覗き見したところでは、
大半は囚人服の黒人であったが、平服のドイツ人を見受けたこともあった。
 囚人達の移動は頻繁で、未明に鍵と扉の開閉で連れ出された者は当日銃殺刑に
なったことを看守兵から告げられ、平服のドイツ人もゲシュタボのスパイとして銃殺
される一人だと耳打ちされてからは、起床時刻より早い看守兵の訪問にはいよいよ
銃殺への連行かと観念したこともしばしばであった。
 囚人の多くは既に常軌を逸した者が多く、看守兵と激しい口論を交わす者、監房内を
飛び跳ねて物を投げあうなどドタバタ暴れ続け、時には体当たりで扉を壊そうとする
者も折り、又檻に入れられた動物の叫びか,野犬の遠吠えか、幼児の悲鳴か
形容しがたいうめき、叫び、わめきを続け、夜中は看守兵の注意も聞き入れず、
一層激しさが増すこともあって、気味悪い恐ろしさで全員が眠れない夜も随分あった。
恐らく死刑を言い渡された、弱い人間の断末魔の苦悩の表現であろうとお互いに話し
合った。
 看守兵も随時交代変動したが、ある時、扉の小窓から外を覗き見していた我々の
一人に、看守兵が自分の読んでいた新聞〔Stars and Stripes)の一面を見せ、
米兵捕虜が目隠しして坐らされた背後に日本兵が日本刀を大上段に構えて斬首する
寸前の三段抜きの写真を指差して、日本は米兵捕虜をこのような目にあわせて
いるのだから、お前たちもそのうちに銃殺されるのも当然だろうと言う意味の事を口走った。
(続く)  
=戦争中のタイムズだかニューズ ウィーク誌の表紙にアメリカの女性が日本兵の
頭蓋骨を持ってニッコリ笑っている写真を見たことがある。スターズ アンド ストライプスの
写真が本当か或いは合成した作り物かは知らないが、いずれにしろ戦争は忌まわしい
ものだ=
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-23 11:11
日本人逃避行 31 米軍監獄内の囚人達
 前述の用便用のバケツへの排尿は良いとしても、洋式でもなく、和式でもない
中途半端なバケツに中腰で、しかも人前で排便することは我々にとって一番過酷な
罰であった。バケツの掃除は毎朝交替でやらせられたが、ある時食当たりの為
全員が夜中に腹痛で下痢を起こし、一個のバケツでは不充分で、しかも監房内は
臭気に満ちて夜明けが待ち遠しいこともあった。又日中たまに態度の穏やかな
看守兵が中庭の出口に近い唯一の便所(用便バケツの洗い場所)の使用を認めた
時も、他の看守兵はせきたてたり、時には扉を足蹴にして”Let’s go”と怒号した。
 ヨーロッパの短い夏も過ぎ、朝晩冷え込む時期に暗い監房に閉じ込められ、
コンクリートの上に腰を下ろしたり、立ち続けているので下痢勝ちになり、痔疾持ちは
悪化に苦しんだ。毎日2乃至3回、監房内の掃除を命ぜられたが、扉を閉じたまま
箒で掃く程度であった。開放された唯一の小窓からは砂埃が昼夜吹き込み、監房内の
空気は勿論、毛布、衣類も埃くさく、冷えた夜風も加わって、呼吸器を害するものも
多く、精神的重圧に加えて肉体的苦痛と衰弱が日に日に加わった。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-20 11:28
日本人逃避行  30 米軍監房の実態
 日中は定期的に2乃至3回、下士官に伴われた3、4名の兵卒が、
ハンマーを持って入房。横になって寝て居る者を怒鳴りつけ、全員に
各自の寝具の前に直立不動の姿勢を取らせてまづ人員を点検し、
毛布の整頓が不充分で、その上に横になっていた形跡でもあれば、
罵倒叱正して厳重に整頓を命じ、緩慢な動作に対しては、高齢者
又は軍隊経験の有無も関係なく、容赦ない威圧を加えて軍隊式動作を
要求し、兵卒は必ず寝床のコンクリートの側面や壁の各所、唯一つの
窓の鉄格子を一本一本叩いて音を聞き、どこか壊されて脱出を計って
居ないかを調べるようであった。誰もが受ける質問は”お前は柔道が
出来るか?”ということであった。鉄格子をはずして脱出しても
フランス語はわからず、金も無一物ではパリで一日も生きられない
事は明白なのに、米軍の規律とはいえ、笑止の仕業としか思えなかった。
[PR]
by pincopallino2 | 2009-03-19 11:50