<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
盗難 30
ローマでの友達の一人、ボローニア大学の教授だが
この先生、家に結構有名な名画を持っているので、家族中で
出かける時は大騒ぎ。セキュリティ会社に通じるボタンを
onにするのだが、特に敏感に設定してあるせいか、
うっかりすると出かけようとしている家族に反応して警報がなって
しまうから、家の者の方が泥棒みたいにソッと、すばやく
歩いている。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-31 10:03 | Comments(0)
盗難  29
第2次世界大戦でイタリアでの戦送が終った後
ナポリ湾の岩陰に係留してあったアメリカ海軍の
船が一隻、一夜にしてなくなった。軍艦と言っても
上陸用舟艇のようなものだったらしいく、乗務員も
いなかったようだが、夜が明けて警備員が気づいて
大騒ぎ。以来アメリカ海軍の名誉にかけて探したが、
何十年経った今でも見つからず、犯人も分からない。
やるぜ、ナポリターノ。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-30 10:09 | Comments(0)
盗難  28
ナポリのスリ達は毎朝仕事に出かける前、ナポリの守護聖人
サン ジェンナーロにお詣りして、「どうか今日一日お廻りさんに
捕まりませんように、良い稼ぎがありますように」と祈るのだそうだ。
  戦争直後の話し、ローマに駐屯する連合軍の為ナポリに
陸揚げされた物資を満載したアメリカ軍の軍用トラックが夜ナポリを
出発したが、まだ高速道路がない頃だし、道路事情も悪い。
夜通し走って朝方ローマについたら、荷台は空だったそうだ。
  ナポリを出る直前、小さな子供がトラックの荷台に潜り込み
途中で少しづつ落としていったので、運転手は車が軽くなったのに
気が付かなかったのだろう。トラックの後をイタリア人の車が
2,3台走って子供が落とした荷物を拾い集めていったのだそうだ。
子供はトラックが信号かなにかで停まった時に飛び降りたらしい。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-29 10:07 | Comments(0)
盗難  27
ナポリのスリは有名だ。
彼等は暴力を使わないで、腕に嵌めている時計や
履いている靴も持っていってしまう。
 日本で言えばさしずめ仕立屋銀次といった名人わざ
なんだろうが、僕もカイロでのショウであるナポリ人が
背広を着ている男のシャツを背広の下から一瞬に
脱がせたのを見たことがある.脱がされた男は
サスペンダーをしていた。  
  ローマの友人もナポリですられたが、あまりの
見事さに怒るよりも感心してしまったと云っていた。
  
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-28 13:25 | Comments(2)
盗難  26
サルデーニァ島には中央部の山中に泥棒の村というのがある。
村中の者がローマあたりに稼ぎに出かけるのだそうだが、
僕が訪ねた時は静かな平和そのものと言った感じの村だったから
一昔前の話しかもしれない。
  サルデーニァの東北部の海岸はパキスタンだかの大富豪が
買い占めてフランスの技師に開発させた海洋リゾート地帯で、
夏になると世界各国からの金持ち達で賑あうが、そんな
金持ち達を狙った誘拐事件がよく起きる。さらって巨額の金を
要求し、身代金を払わないと耳を切って送りつけ、それでも
払わないと殺してしまう。単なる盗みより悪質だが、
日本の観光客はまづ大丈夫。そんなに金持ちとは思って
いないらしい。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-27 11:35 | Comments(0)
盗難 25
家内とブエノス アイレスに行った時のこと。
当時のアルゼンチンはインフレがすごかった。
銀行で換金したら、一人では持ちきれない程の
お札が来た。仕方がないので家内と分けていたら
素通しのガラスの外から中年の男が覗いている。
 外に出て横断歩道を渡ろうとすると、彼もついてくる。
どうやらスリらしいので渡りだした横断歩道の途中から
引き返して見ていると、彼も戻ってくる。そんなことを
何回か繰り返したらとうとう諦めたらしく、どこかへ
行ってしまったが、銀行や両替所から出て来たばかりの
外国人の旅行者はスリの格好な獲物のようだ。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-26 12:05 | Comments(0)
桜ん坊
  昨日からの寒さと雨や雪でいつもより早くほころび出した桜の花も
咲くのをためらっているようだ。
  それなのに山形の方ではさくらんぼの出荷が始まるとのこと。
  イタリアの桜ん坊は美味しかった。日本ではアメリカやカナダ産の
桜ん坊が美味しいとの評判だったが、イタリアに行ったらいろんな
種類のが八百屋や果物屋の店先にズラリと並んでいて、その
どれもが素晴らしく美味しく、アメリカ産のものなんかの比ではなかった。
  最近のイタリアではそんなさくらんぼの種類が減ったように思われる。
何故だろう。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-25 10:47 | Comments(0)
ローマの桜
  東京ではもう桜が咲き始めたが、
ローマではまだだろうか。
  一時、その前に住んでいたので、
新ローマ、エウルの人工池の畔の
桜並木を懐かしく思い出す。
  たしか当時の岸首相がイタリアを
公式訪問した最初の日本の首相として
手植えした直後だったので、高さは
2メートル位。太さも大人の親指くらい
なのがヒョロヒョロと立っていたが、
数年前に行ってみたら大木になって
いた。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-24 11:06 | Comments(0)
3月生まれ
  イタリアでは3月生まれの人は気まぐれだといい、
そんな題名の映画もあった。
 地中海性気候の冬型から夏型への変わり目なので
天候が安定せず、目まぐるしく変わることからの
こじつけらしいが、3月に生まれた人にとっては
いい迷惑だ。アメリカでも3月はクレイジィとか
何とか云うらしい。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-23 12:13 | Comments(0)
盗難  24
ミラノの地下鉄には女性のスリ団が乗っていることがある。
多分ジプシー(ロマ〕だと思うが、彼女らは大っぴらに行動し、
自分達がスリだと分かっても平気だ。まさに盗るか、盗られるかの
攻防になるが、日本の旅行者は分からないからカモになりやすい。
いずれにしろ、なんとなく異様な雰囲気を感じたり、車内を
動き回る者がいたりしたら、特に気をつけたほうがよい。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-03-22 10:29 | Comments(0)