<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
フランス人
最近の震災で大被害を被ったアマトリィチェの周辺の
人達をバカにしたというより侮辱した絵がフランスの
新聞だかに出た。アラブの宗教をバカにしてひどい目に
あってからそれほど日もたっていないのに、今度は
天災にあって苦しんでいう人達を茶化すとは。
フランス人はいったいどんな気質を持っているんだろう。
 自分達さえ楽しければ他人の不幸は笑い話にしちゃおうと
いう考えなのだろうか。ばにが自由、平等、博愛なんだ。

 もう50年程前のある晩北イタリアの村が直下型地震に見舞われ、
瞬時にして埋没してしまったことがある。その翌日アドリア海側の
町ペスカラに行って夕方ローマに帰ってきたら、町中至る所に
畳2丈分位ある大きな壁新聞が貼られてあって、ローマ市長の
名前で「昨夜北イタリアの(村の名前は失念)で大惨事が発生し、
多くの犠牲者も出た。ローマ市民一同死者には心からの哀悼の
意を表し、犠牲者には出来得る限りの援助をしよう。」と
書いてあった。この壁新聞、ローマだけでなく、イタリアの各地で
続けられている筈だ。
[PR]
by pincopallino2 | 2016-09-12 17:01 | Comments(1)
蟋蟀
 蝉に代わって蟋蟀が鳴き始めている。松虫や鈴虫でなくても良い。
普通の蟋蟀が短い一生を謳歌し、次の子孫を作る為に精一杯声を
張り上げているのを聞いていると、もののあわれを感じさえする。
 随分前のことだが、秋になると台所に「鉦叩き」が一匹でてきて
我々が見ているのにもかまわず一生懸命鳴いていた。冬も近くなった頃
姿を見せなくなったので多分死んでしまったんだろうと思っていたら
翌年にも同じ場所に現れて楽しませてくれた。多分親子が代々同じ所に
住み着いたのだと思うが二、三、年でいなくなってしまった。
 イタリアではこうろぎのことを「グリッロ」Grilloと言って
有名な童話「ピノッキオ」の中にも出てくる。秋の夕暮れ、遠くから
高速道路で帰ってくると道中が蟋蟀の声でいっぱいだったのが懐かしい。
声も鳴き方も日本と同じだった。
[PR]
by pincopallino2 | 2016-09-08 08:54 | Comments(0)
蝉の声
 うるさいという人も結構いるらしいが、僕は日本の蝉の声が大好きだ。
子供の頃の東京ではまづ油蝉、それからミンミン蝉、ツクツク法師と
鳴き次いで、最後は哀愁の漂う日暮らし蝉で終わる。
70年程前湘南の方に越してきてからはクマゼミも加わった。
木の下に穴が開いていると、いったいどの種類の蝉が長い間土の中で
ジッと我慢していたんだろうと気になる。
 僕の知る限り蝉の鳴き声が一番綺麗で素晴らしいのは日本で、イタリアに
赴任した年の夏ローマで初めて蝉の声を聴いた時は電信柱の上の変電器が
壊れて雑音を出しているのだと思った。その後沢山の国を回ったが
どこでも大同小異。ニューヨークに住む友人にお中元として蝉の声を録音
して贈ってやったこともある。我々は周りを取り巻く日本の自然にもっと
慈しみの目を向けてやってもいいのではないだろうか。
 ところがその蝉の声、二学期が始まる日あたりからピッタリと病やんで
しまった。理由を教示してくださる方がいたら多謝。
[PR]
by pincopallino2 | 2016-09-07 16:59 | Comments(0)
不義
 今の人間社会では不義はご法度ということになっていて、
禁じている宗教も多いが、例えばカトリックの大本山がある
イタリアでは先日書いた一国の宰相でありながら他の女性と
既婚していた男ムッソリーニとクララ ペタッチの仲が公然の
秘密となっていたのに教会側はなんの処置もこうじなかったの
だろうか。
 宗教も愛だの慈悲だのとお題目を唱えているだけでなく、
もっと現実の人間性にあった活動をしてほしい
[PR]
by pincopallino2 | 2016-09-04 09:31 | Comments(0)
スパゲッティ アマトリチャーナ
 今までイタリア料理のスパゲッティ アマトリチァーナの名前は今度の地震で
大被害をうけた村アマトリィチェに由来するものだとばっかり思っていたが、
最近、アマトリチャーナの語源は同じアペニン山中の村ながらアマトリィチェより
南のモリーぜ州にあるマトリィチェからきていると唱える人が出てきたようだ。
アマトリィチァーナ(アマトリィチェ風)は普通All'Amatricianaと書くが
マトリイチェの場合はAlla Matricianaとなって間違えではないが何か釈然としない。
 村自体、アマトリィチェの方が大きく、山に入って働く人の数も多そう。
なによりも村にあるレストランの数は圧倒的に多いし、イタリア人に聞いても
みんなアマトリィチェだというから、僕も今まで通りアマトリィアチェが本場だと
信じることにする。(アマトリィチェのレストラン、今度の地震でほとんど崩壊して
しまったのではないかと心配している。  
 マトリィチェ本家説はアマトリィチェに対抗する為かどうかはしらないが、
マトリィチェの人間が日本人に吹き込んだのかもしれない。  
 なおマトリィチェから1乃至2キロくらい離れた所には紀元前200年頃に建てられた
神殿がある。
[PR]
by pincopallino2 | 2016-09-02 11:52 | Comments(0)