<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
安土桃山時代にいたイタリア人武士
 安土桃山時代、元ヨハネ騎士団員であったジョヴァンニ ロルティスという
イタリア人が同じイタリア人の宣教師オルガンティーノに同行して1570年に来日。
名前を日本式に改名して山科羅久呂左衛門勝成、通称山科勝成と名乗り、
武士として蒲生氏郷に仕えていたそうだ。本能寺の変や小牧・長久手の戦いにも
関係し、イタリアに鉄砲の買い付けに行く途中ヴィエトナムあたりで
土民たちに殺されたそうだが、真偽のほどは定かでない。
[PR]
by pincopallino2 | 2016-11-26 11:11 | Comments(0)
地震
 先月の末の話しだが、イタリア中部で又大きな地震があったそうだ。
震源地はウンブリア州の町ノルチアあたり。もう10年以上前になるか
アッシジの聖フランチェスコ大聖堂のジョットの壁画が一部損壊した
大地震、数年前の大地震が発生したアブルッツィ州の首都ラクイラ、
ラクイラから直線にして70キロ位しか離れて居ないアマトリ-チェ、
そして今回の地震の震源地はノルシアの北方約50キロというから
アマトリ-チェから100キロも離れていなく、いずれもイタリア半島の
背骨と言われるアペニン山脈の西側一帯の狭い範囲内でしかも短い
期間で起こっている。
 今回の地震では不幸中幸いにして死者は居ないようだが、被災者には
心からのお見舞いを述べさせていただく。
[PR]
by pincopallino2 | 2016-11-04 15:32 | Comments(2)
死者の日
 11月1日の諸聖人の日のあくる日11月2日はカトリック教徒にとって
死者達の日。仏教でいえばお彼岸みたいなもので、墓地に行って
先祖達の冥福を祈る。本来ならば一家揃って墓地に行き、墓前で持ってきた
弁当を開いてご先祖達と一緒に食べ、なごやかな一日を過ごすものだと
聞いたことがある。沖縄と似通ったような風習だが、最近はイタリアでも
親族、血縁に関係なく、死んだ順に高層のアパ-ト式になった墓に一人づつ
埋葬されてしまうから、ことに都会地ではそんな風景を見たことがなかった。
 諸聖人の祭りと死者達への祈りを一緒にやってしまう所も多いようだが、
僕が見たうちで一番盛大だったのはクロアチアの首都ザグレブ。市内の交通を
制限し、大聖堂の前から墓地行きの人を乗せたバスがひっきりなしに出ていた。
[PR]
by pincopallino2 | 2016-11-02 10:46 | Comments(0)
諸聖人の日
  11月1日は諸聖人の日と言ってカトリック系キリスト教徒の
お祭りの日。カトリックでは聖人達が暦上の毎日を担当したり、
市町村の守護神だったりしているが、聖人の数が多くて全員に仕事を
割り振れないから、というわけではないだろうが、11月の1日には
全員をひっくるめて祈りをささげている。
  この祭り、 日本でも騒ぎ始めた10月30日の夜のハロウインと
関係があり、両方ともスコットランド始まりだろうとのことなので
古代ケルト人のものだったのかもしれない。
[PR]
by pincopallino2 | 2016-11-01 16:35 | Comments(0)