聖体行列
 復活祭前の聖土曜日。 今日もカトリック教徒の多い国では
聖体行列が行われたりして賑やかなことだろう。
 イタリアでは南の方が北より華やかなようだ。
でもスペインの聖週間の聖体行列は素晴らしい。
各教区ごとに行われるのだろうか、大きな町だと行列は幾つも出て、
大きなキリストの像やマリアの像を丁度日本のおみこしのように
かついで回るが、ワッショイなんて掛け声はない。 
担ぎ手は皆、とんがって目の所だけが開いている三角帽子を
被っているから外が良く見えない。 曲がり角にきたり、
休憩の時などは世話役みたいなのが拍子木のようなものを叩いて
合図する。 時々停まって司祭が祈りを捧げるが、その時は山なりの
群集なのにシーンと静まりかえる。
 スペインの有名な三大祭りと違って宗教的なものだけにより感動的だが、
それだけに日本の旅行業者が観光目的に使うような事は止めて欲しい。
(幸い、彼らはこの行事に気がついていないようだが)。
 この聖体行列、最近では見世物的になってきて、たしかグラナダ
辺りでは見物用の桟敷までこしらえているが、感動したのはマドリドで
担ぎ手は全員揃いの背広姿で粛々と進む。 今夜あたりマドリドの
テレヴィでは終夜放映をするのだろう。
 余計なことだが、多くの男が重そうにかついでいる聖体、実際には
案外軽いのかもしれない。 セヴィリアで聖体行列の際俄か雨が降って
きたら、10人位の男が早足で教会に持って帰ったのを見たことがある。
[PR]
by pincopallino2 | 2012-04-07 11:40
<< 復活祭 聖週間 >>