通りの名前
  戦争前はローマに「日本通り」という地名があったが、 
イタリアの対日宣戦布告と同時になくなってしまった。 
多分今のパナマ通りだったと思う。 高級住宅街の一郭だ。
  現在、日本とついた通りは復活しているが、新ローマ、
エウルの人工池の畔で、戦前、戦後を通じてイタリアを公式訪問した
最初の日本の総理大臣として岸首相が植えた桜並木に沿った
細くて曲がりくねった道。 人家もないところで、「日本の散歩道」という
名前がついているが、誰も気にしてない。
  町名のつけ方が違うので日本にはイタリア通りなんてない。
  鹿児島とナポリは姉妹都市だから鹿児島には西鹿児島の駅から
直角に延びる大通りに「ナポリ通り」という名前がついているが、
ナポリの「カゴシマ通り」は山の上の新開地、あまり豊かでない人達が
住んでいる場所にある。 かってナポリのロータリークラブの連中が
日本に来た時、鹿児島のナポリ通リを見てナポリにある日本通りと
比べて恥ずかしい云っていた。
[PR]
by pincopallino2 | 2012-04-16 11:07
<< イタリアのエレヴェーター 日伊の文化会館 >>