イタリアのエレヴェーター 続き
  日本人のグループに添乗してサルデーニア島の首都、カリアリに泊まった。
新しいホテルだったが、真夜中近く、バーで談笑していた男性客達が
部屋に戻ろうとエレヴェーターに乗ったら途中で停まってしまった。
階と階との間だから降りようとしても降りられないし、だいいち扉が開かない。
外から何とかしようと思っても、エレヴェーターの仕組みなんて知らないから
ただウロウロするだけ。結局消防車に来てもらって約1時間後にやっと救出したが、
閉じ込められた人達は不安と息苦しさで疲れ切っていた。消防士に聞くと
このホテルの同じような事故は前にもあったとのことだったが、その間
ホテルの人間は大笑いをして我々を見ているだけで何も手助けしてくれない。
その後このホテルには二度と使っていない。
[PR]
by pincopallino2 | 2012-04-18 10:45
<< 老人グループ イタリアのエレヴェーター >>