2010年 09月 24日 ( 1 )
パスクィーノ
  パスクィーノについてのコメントをいただいて嬉しかった。
パスクィーノはもともとヘレニズム時代のギリシァ彫刻の
かけらみたいな物で、雨が降ってぬかるみになる道の
飛び石として使われていたのを掘り起こして立てたのが
皮肉屋のパスクィーノの家の横だったので、その名をとって
パスクィーノとなずけられ、何時の間にか落首みたいのが
貼られるようになったが、昔も禁止行為だったようで、
夜こっそり貼りに来たそうだ。
  実はローマにはこんな落首板が昔から方々にあったようで、
「物言う像」と言われ、今だに幾つか残っている。
  男性ばかりでなく、女性のもあってルクレツィアの像が
そうだそうだ。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-09-24 16:59