2010年 09月 29日 ( 1 )
フィアット 500     4. 運転試験
運転を習い始めて2ヶ月程経った頃、先生が試験を受けろと
言うので、受けてみた。
  まづ学科。試験官と一対一の口頭試問だ。傍に通訳という
形で先生が立っている。問題は一問だけ。
三叉路の絵を出してどれに優先権があるかと聞く。
  ヨーロッパでは道に優先権がついていて衝突事故を起こした場合、
その道を走っていた方が有利になる。優先権のある道路には真中が
黄色でその周りを黒い線で囲った四角いマークが交差点に立っている。
その反対はstopだ。
  でも問題にはそんな印が描いてないから分からない。ウンウン唸って
いたら時間ばかり経ってしまって、試験官が落第にしようとした。
傍に立っている先生が「今、答えようとしているんだ」と助け舟をだして
くれる。エイ、ままよと当てずっぽうに「この道」と指差したら、なんと正解で
学科試験は合格した。
  実地試験は別の日で、試験官が隣に坐り、やはり先生が通訳という
ことで後に乗った。もう一人、次の受験生も乗っていたかもしれない。
試験は坂道発進。公道で、1センチの隙間もないように停めてある
一般車の間から車を出しての坂道発進だから、たいへんだ。
頭の中が空白になってしまって落第。でも10日程経っての追試験には
見事及第。試験は前のよりやさしかった。
  やっと免許がもらえると有頂天になっていたら、合格した場合
校長先生と実地の先生には謝礼を出すものだと教えられた。
幾ら払ったのかは覚えていないが、事務員と一回も出なかった学科の
先生には渡さなかった。
  いずれにしろ、教習費は日本よりズッと安かった。
[PR]
by pincopallino2 | 2010-09-29 10:48