2010年 10月 03日 ( 1 )
フィアット 500   8. 事故日誌 
 フィアットはトリノ自動車産業イタリア連盟だかの略語で
FIAT と書くので正確にはフィアト。
 そのフィアトの500を注文して10日位経った頃、
車が入ったよと連絡が入った。
丁度土曜日だったので販売店まで取りに行き、運転して
家に帰ったが、なにしろ一人で運転するのははじめて。
こわごわ走っていたら、バスに接触して前の部分に疵が付いた。
 あくる日は日曜日なので家族を乗せて出かけたが、途中で
市電にぶつかった。
 三日目は出勤の途中、満員の郊外バスと衝突し、前が半分
なくなってしまった。しようがないので修理に出したが
ぶつかった時、バスに乗っていた田舎のオバさんが大声で
「アレマア、日本人だよ」と言ったのがいまだに耳に残っている。
日本人が殆ど居ない頃だから珍しかったのだろう。
 根が不注意の性格だからか、教習所の勉強をサボったせいか
知らないが、事故はその後もよく起こした。
 Uターンをして直進してきた車と衝突した時は助手席のドアが
凹んで開かなくなってしまったが、またどうせ何かやるだろうと
修理しないでそのままにしておいた。
 そうなると面倒くさくなって車は洗わず、中も散らかしっぱなしに 
しておいたから、イタリア人達からローマで一番汚い車といわれていた。 
[PR]
by pincopallino2 | 2010-10-03 15:24