2011年 12月 26日 ( 1 )
パネットーネ
  地方のことは知らないがイタリアではクリスマスにパネットーネを食べる。
パン作りが流行っている日本でも最近パネットーネに関心を持つ人が増えた
ようだ。
  始めてイタリアに住んでいた頃には高い円塔形のものしか知らず
背の低いパネットーネには気が付かなかったが、背の低い方が
本来のもので、高いのは割合最近に作り出されたのだそうだ。
  一種の菓子パンで甘みがある。背の高いのはシパシパした舌触りなので
始めはちょっと口になじまないが馴れると美味しく感じるようになる。
ジェラートと一諸に食べても美味しい。
 果物のシロップ漬けを小さく刻んだものを入れて焼くが、イースト菌が
特殊なものらしく、日本ではなかなか手に入らないそうだ。
  パネットーネを何故クリスマスに食べるのか理由は知らない。

【訂正】 昨日、クリスマスの欄で、「人間プレセピオで有名なトルジァーノ」と
書いたが、ドリアーニの間違い。最近はボケてきたらしく、間違いがドンドン
ひどくなる。人間プレセピオで有名なドリアーニは北イタリア、ピエモンテ州の
ワインの名産地ランゲ地方の町で美味しいワインの産地でもある。
一方トルジァーノは中部イタリア、ウンブリア州の州都ペルージアの傍に
あって此処もワインの産地。
[PR]
by pincopallino2 | 2011-12-26 14:19